薪ストーブの導入コスト

薪ストーブの導入には本体価格のほか、煙突費用や施工費などが必要です。 薪ストーブ本体は安価な鋳物製ならば20万円前後、高価な鋼板製では70万円前後が主流になっています。 それに加えて、煙突金額が50万円前後、工事費や諸経費は20~30万円前後、屋根上の煙突ボックスに30万円前後かかります。 薪ストーブの性能によっては石やレンガでできた炉壁が必要になり、それにも30万円前後かかります。 全部合わせると、お手頃な薪ストーブを購入しても総額120万円程度かかることになります。

煙突価格の重要性

これらのコストの中で、安全性のために重要なのが煙突コストです。 煙突の役割は、本体から出る煙を高温のまますばやく排出すること。煙の熱を冷ますことなく強い上昇気流を起こすために、断熱性能の高い断熱二重煙突が使用されています。 断熱二重煙突は重く、しっかりとした支持部材が必要になるため、2階建ての住宅などでは煙突・支持部材・チムニートップなどを含めて定価で50万円以上かかります。 ところが薪ストーブを安く購入しようとして、危険な施工をする例が多くみられます。 例えば、室内煙突はシングル煙突にすると支持部材や雨仕舞部材を全部合わせても20万円程度で済ませられます。 しかしこのような部材プランニングは不完全燃焼を起こすばかりか、可燃性タールを溜め煙道火災を起こす原因になってしまうのです。 金額だけで判断せず、煙突の良し悪しを確認することをおすすめします。

スキャンサームの本体価格

鉄を再利用して製造する鋳物製薪ストーブに比べて、高価な鋼を使った鋼板製薪ストーブの価格はもちろん高くなります。 その中でもスキャンサームは、同じ鋼板製でも他メーカーと比べて価格は3割ほど高く、さらにオプションを組み合わせてヒーティングファニチャーとして使うなら、ボックスやレザークッションなどのオプションで50万円くらいかかることになります。しかし、スキャンサームは素材・構造・デザイン共に競合ライバルなしといわれるブランドであり、きっと映画のワンシーンに登場するような室内を実現することができるはずです。

それが、世界のトプデザイナーたちがデザインしたヒーティングファニチャー、ドイツ・スキャンサームです。